猫とのいっしょの生活

2021年1月22日 更新

近藤史孝

大阪本店

私の実家にいる猫は、窓から外を眺めるのが好きなタイプで、窓に面しているソファーの背もたれの上や、お風呂の窓にジャンプして日がな一日過ごす猫でした。

 

けれど、歳を取ると自力で高いところに登れなくなり、しょんぼりする場面を見かける場面も増えました。

 

そんな時に、キャットウォークなどの猫の背が届く範囲で手が付けるものがあればいいなぁと思いましたが、壁に直接取付る棚や階段の手すりと同じでどこにでもつけられるわけではありません。下地(壁の中で壁を支えているもの)に取付るネジを刺さないとすぐに重荷で外れてしまいます。

あとから下地を入れることも可能ですが、壁に穴を開けて下地を作り、壁を塞いでから壁紙等の表面の貼り替えが必要になってきます。

 

気分を一新するという意味では、壁紙を貼り替えるのも良いかもしれませんが、貼り替えを行う際には、今後のことも見据えて壁の中にも手を加えてみるのも良いのかもしれません。