店舗の次は塾の教室

2021年1月8日 更新

早瀬淳

大阪本店

今回のブログ担当は、大阪本店 営業の 早瀬です。

 

 前回、担当させて頂いた時は店舗改修のお話をさせて頂きました。今回は、塾の教室の改修です。主には内装工事と、玄関ドア、窓サッシの取り換えです。

 

 やはり、今のこのコロナ渦の中。最初のご要望は換気です。先ずは、現況の換気状況はどうなっているのか早速チェックです。教室として使う予定のスペースは、換気機能付きの大きなエアコン1台と天井換気扇が1ヶ所。OK。

もちろんトイレにも換気扇あり。事務所として使う予定の小さな部屋は、…無い。ナイ。今は扉もなく空気は通るが、改修予定では教室の音ができるだけ事務所に入らないようにドアを付ける予定。密閉になる。

大変という事で換気扇を付けることに。一安心?今のコロナ感染第3波のこの時期。

まだまだ足らない。小さいお子様も通う塾の教室のドアを開けっ放しにすることも出来ず。

入口ドアを閉めて鍵を閉めたまま換気が出来る採風ドアを採用。向かい側にある窓も換気ガラリ付きサッシに取替え。

換気対策をして、これでこだわりたい内装クロスの柄選びに時間を費やせるとオーナー様。お子様が対象の塾の教室、一般家庭に使うような普通の柄では策がなさすぎる。見て楽しい、可愛らしい柄、色も明るい色。広い空間に一つの柄だけでは、なんか間が抜けそう。

オーナー様は悩みに悩み、私も少しだけお手伝い。ポイントとなる箇所で2つの柄を貼り分け。どれと、どれを組み合わせるか。オーナー様はムーミンの柄をチョイス。

とても可愛らしい教室が出来上がりました。お子さん達の笑顔が目に浮かびます。

 

 戸建て住宅でも、少し遊び心のある提案をしてみようかと思わせてくれた現場でした。

 

 オーナー様ありがとうございました。

最近の投稿

2021年1月15日

3匹のこぶたの家

2021年1月8日

店舗の次は塾の教室

2020年12月25日

日本の伝統技術

2020年12月11日

注目される木造建築

2020年11月20日

異国を感じる空間

2020年11月13日

工事のお話 第1話